ICUに入っている親父は変化なく、かといって昏睡や重態患者のみのICUなので面会時間は極限られた時間しかないため、皮肉なことに自分の時間ができてしまった。

自分で後悔しないようにと今まで13年間付きっきりだったわけだが、今となっては何もしてやれない自分に悶々とした怒りにも近い感覚で過ごすのは嫌なので、自分の時間をあえて作り消費して、時間を稼ぐことにした。そうしないと精神が崩壊してしまいそうな気がするのだ。ただパニックは起きていないのでそのあたりは精神的に開き直っているのかもしれない。

さて。
まずは9月2・3日まで遡ります。

2日、クラッチがノーマルだったかどうか、またWRは何グラムだったかの記録が日記に残ってなかったので、ベルトケースを開けてみようとしたところ、ボルトの頭が一つ折れていた(涙。

前にもシリンダーヘッドボルトやらミラーアダプターやらねじ切った前科があったので、3日に2mmの穴を開けてから逆タップで外しました。

文字にすると短いんだけど、過去最大級の難易度でしたんw

ついでに何気にプラグを見てみたら、なぜかまっさらのように綺麗!?

なんで?!と思いつつ、スマホにつなげるスコープカメラで見てみると、ピストンが一部異常燃焼で溶ける前みたいになっていたのね。オーバーヒートなんかしたときにもなるよね。

あとここ数ヶ月たまにエンジンをかけてやってたんだけど、急に煙が増えだしたのも気になってました。原因は不明。ついでにクランクケースあたりも見てみましたが特に異常はわかりませんでした。

ピストンはこんな感じ(画像は今日の作業中のもの)

こんなことになってるけど、シリンダーは綺麗なので、たぶん私のフルポート研磨のせいだと推定(滝汗。

せっかくのイタリア製(たぶん)のシリンダーとピストンでしたが、外すことにしました。

ストックは、中古のシリンダーセット、白いつぶつぶだらけの異常燃焼を起こした格安ボアアップセット、そしてKN企画の新品シリンダーセット(ただし軽く面取りと排気ポートの素人おっぴろげ)がありました。

せっかくなので、今回はKN企画のものをチョイスしました。失敗したら中古のノーマルのがあるからね。

でもこの時点ではアイドリングはするものの吹かすとストールするの(涙目。
まぁこのあたりは後の作業をしてから考えようと作業を続行。

シリンダーとピストンは新品になりますので、慣らしのため、WRは6g(36g)→8.5g(51g)にして、マフラーは一度だけ装着した純正互換の社外品のものにしました。WR10gがあったんだけど空き袋しか見当たらずw。

あとエアクリーナーに加工していた穴も塞ぎました。

すると、なにごともなかったかのように、アイドリングは安定し、当たり前のように吹けました。煙も通常と大差ないと思うレベルまで減少。やっぱりフルポート研磨のバランス悪かったのかねぇ。

ただここで問題が一つ。
まぁ大したことではないけども、マフラーの後ろの蓋状のところから排気が漏れてます!!分解して金属パテでも入れたほうがいいのかしら。
とりあえず慣らしが終わるまで様子見です。

オマケ

あと、ピザ屋のトランクはやっぱりダサいと思うの。もうちょっとシンプルなジャイロXにしたいので方向性が変わってきちゃった気がする。
だから外すことにします。とりあえず長距離ツーリングとかの予定が出たらまた交換すればいいしね。
それとフロントバッグもジョーカーのシーシーバーに移設しようかなと。
あとミラーステーも使えるようになったわけですから、またバレンミラーも復活させてみようかなー。どうかなーw